HOME > 所長ブログ > News > 祇園の名店 鮨まつもとへ

所長ブログ

< 小田原文化財団 江之浦測候所へ  |  一覧へ戻る  |  本家 船はしやの福だるま!! >

祇園の名店 鮨まつもとへ

家内の誕生日祝いに、夫婦水入らずで(笑)祇園の正統派江戸前寿司「鮨まつもと」さんへ。シャリは赤酢と塩をしっかりと効かせたやや固め。素材にこだわりシンプルに。ネタの旨みを引き出す手法で出てくる。流石人気店、やります!家内とも色々な話ができたし、日頃の感謝を伝え、とても良い時間でした。本日は、台風が来ているのでサクッと美味しいものを頂いて帰宅です。





京都の建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog

KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

カテゴリ:

< 小田原文化財団 江之浦測候所へ  |  一覧へ戻る  |  本家 船はしやの福だるま!! >

同じカテゴリの記事

本家 船はしやの福だるま!!

明治38年から三条大橋のたもとにある、あられ、おかきの京都老舗「本家 船はしや」さん。先斗町の現場に行くとついつい寄ってしまいます(笑)。店内は全ておかき!!あらゆるおかきが揃っています。女将さんに思わず「ここは、おかきの極楽ですか?!(笑)」と言ってしまうほど。中でも「福だるま」は縁起が良い感じで、可愛いです。マストですね(笑)。

20180709_2.jpg






※ カクオ・アーキテクト・オフィスでは、事業拡大・社員の増員を予定しており、現在募集中です。我々と共にこだわりでクオリティの高い建築を!!RECRUIT 特に即戦力の方歓迎!是非ご応募ください!!


京都の建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog

KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19




小田原文化財団 江之浦測候所へ

日本を代表する写真家、アーティスト、杉本博司氏の建築。小田原の江之浦測候所へ。この建築が一番美しい時間帯は営業時間外であることが残念でならない。あー、日の出の時間に入館させて欲しい、、、本気で感動すると思う。








※ カクオ・アーキテクト・オフィスでは、事業拡大・社員の増員を予定しており、現在募集中です。我々と共にこだわりでクオリティの高い建築を!!RECRUIT 特に即戦力の方歓迎!是非ご応募ください!!


京都の建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog

KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

熱海の COEDA HOUSEへ2

隈研吾氏設計のカフェ「COEDA HOUSE」へ。絶景で気持ちいい。わざわざ来た甲斐があった!!そう思える建築デザインと空間であることが大事ですね。流石です。


20180703_2.jpg

20180703_3.jpg






※ カクオ・アーキテクト・オフィスでは、事業拡大・社員の増員を予定しており、現在募集中です。我々と共にこだわりでクオリティの高い建築を!!RECRUIT 特に即戦力の方歓迎!是非ご応募ください!!


京都の建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog

KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19


熱海の COEDA HOUSEへ

熱海のアカオハーブ&ローズガーデン内にある、隈研吾氏設計のカフェ「COEDA HOUSE」へ寄ってきました。美しい熱海の海を背景に気持ちの良いガラス張りのカフェ。緑の丘に、木組みで一本の木をイメージして出来た空間。若い世代が沢山集まって景色とこの場所を楽しんでいました。これがただの喫茶店だったら、、、(笑)。建築や空間の魅力に全国から人が集い、熱海(場所)の魅力を楽しんでいる。それが、事業者の収益に繋がっていることを実感。近年、特に一般の方々も建築に興味を持っておられる、楽しんでおられる様子をうかがうようになりました。アイデアと着眼点、発想とセンス!!大事ですね。






※ カクオ・アーキテクト・オフィスでは、事業拡大・社員の増員を予定しており、現在募集中です。我々と共にこだわりでクオリティの高い建築を!!RECRUIT 特に即戦力の方歓迎!是非ご応募ください!!


京都の建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog

KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

 

 

歴史あるビアホール、銀座ライオンへ!!

明治44年(1911年)銀座四丁目の角に、『カフェー・ライオン』が誕生。この開店の背景には、当時パリで知ったカフェの味を忘れられないフランス留学帰りの画家たちから、カフェ開店のすすめがあったそうです。『カフェー・ライオン』 の店名は、当時の築地精養軒の経営者・北村宇平氏がイギリス・ロンドンを訪れた際に、ピカデリー広場の角で営業していたレストラン「ライオン(LYON)」(ジョー・ライオンズ商会経営)の名にあやかったと言われています。その後昭和6年に経営が大日本麦酒(株)へ移り、『ライオンヱビスビヤホール』として店名を変え、ビヤホールとして生まれ変わったそうです。今もいい雰囲気で賑わってますね!ビールがすすむ!!





※ カクオ・アーキテクト・オフィスでは、事業拡大・社員の増員を予定しており、現在募集中です。我々と共にこだわりでクオリティの高い建築を!!RECRUIT 特に即戦力の方歓迎!是非ご応募ください!!


京都の建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog

KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

 


このページのトップへ