HOME > オフィスブログ > Toppage > 「笹屋伊織 別邸」春のお菓子が満開!!

オフィスブログ

< 南区・企業様社屋兼工場の現場!!  |  一覧へ戻る  |  南区・企業様社屋兼工場の照明実験!! >

「笹屋伊織 別邸」春のお菓子が満開!!

梅小路・ホテルエミオン京都一階の「京菓匠 笹屋伊織 別邸」では春のお菓子達が勢揃い!!素敵すぎる!!

お抹茶と一服頂きました。観て、味わって、器や背景も一緒に楽しむ上生菓子とお茶の時間・空間。
「春」って、内側から外にエネルギーが「張る」という意味があるそうです。
このひとときで、とっても癒されました。仕事の続き、頑張ろう!!

20210218_2.jpeg

20210318_3.jpeg

20210318_4.jpeg








京都・建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog
KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

カテゴリ:

< 南区・企業様社屋兼工場の現場!!  |  一覧へ戻る  |  南区・企業様社屋兼工場の照明実験!! >

同じカテゴリの記事

南区・企業様社屋兼工場の照明実験!!

屋上最上部の照明実験をしました。実は、外観デザインのコンセプトに秘密があるんです。上手く照明でも表現したいですね。24時間稼働工場としての夜の在り方を思案中。企業の品格と丁寧さ、未来に向けての前向きな姿勢は照明の計画においても表現の重要なファクターとなります!!最後はバランスのセンス!!在るべき姿に向けて調整していきます!!#企業社屋のデザイン #照明デザインは重要なファクター #バランスのセンスが大切 #カクオアーキテクト

20210516_2.jpeg






京都・建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog
KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19
 




南区・企業様社屋兼工場の現場!!

鉄骨の建て方が終わり、外壁工事と内装工事が進んでいます。現在は壁、天井の下地工事。電気や設備系の仕事の打ち合わせと施工が混んでいます。CGは完成イメージ。社員様のダイニング・カフェスペース、イベント、ミーテイング、個人ワークなど、かなり自由度の高い空間になります。社員の皆様には、ワクワクと楽しみにして頂いています!!ミーティングでは、会社の将来の夢とか働き方のことなど、非常に前向きなご意見を頂戴し、アフターコロナ時代に向けた事業発展のカタチ作りを、お手伝いさせて頂いています!!


20211019_2.jpeg

20211019_3.jpeg

21211019_4.jpeg






京都・建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog
KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

国代耐火工業所の最新カタログで紹介されました!

レンガタイルのメーカー、国代耐火工業所の最新カタログに、弊社設計の三条大橋のたもと、商業ビル「PONTONITE Kyoto Sanjo」の外観がアップで紹介されています。使えば使う程、歳月と共に味わいに変わる外壁材!歴史ある街並みにフィットするモダンなアプローチに最適かと思います。ものづくりへのこだわりを感じるカタログですね。


20201204_01.jpg

近くの隠れ家的たい焼き屋さん

所員みんなでコーヒーとたい焼きを頂きました。「あまいろコーヒー」さんのたい焼き。小山薫堂氏、BEAMSさん、エスコヤマさんなど、プロフェッショナルチームの協力により実現したそうです。
隠れ家的なたい焼き屋さん、人気のお店で、丁度私が買ったところでSOLD OUT!
コーヒーのためのたい焼き、たい焼きのためのコーヒー、絶妙に合っていました!
たいやきも、お店の雰囲気も、お店の店員さんも、優しくて癒されました。


2020102902.jpg

2020102904.jpg

2020102905.jpg

2020102906.jpg




京都・建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog
KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

所内CG勉強会開催!!

代表と、若手スタッフを中心にCG勉強会を開催しました。コロナ禍がニューノーマルとなり、少しずつ経済が動き出す雰囲気を感じています。この間にも、新たな技術が確立され、建築の表現やスタイルも進化しているように思います。我々の得意分野であるCG表現。創造した建築の価値を伝え、共感を得て、現実の空間とする為にも積極的に学び実践したい。

「人は経験した事、体験したことからしか判断できない!!」と言います。CG表現がよりリアルになれば、現実の体験に近い感覚で施主様から理解と信頼を得ることが出来ます。CGの表現力を上手く活用出来れば「デザインプレゼン=経験・体験」と言えるでしょう。正にこれはバーチャル展示場ですね!!


このページのトップへ