HOME > オフィスブログ > Toppage > 羽釜おむすび白々(ぱくぱく) 寺町御池 オープン間近です!

オフィスブログ

< 進行中の物件 / 某賃貸マンション計画。現在、基本設計中です。  |  一覧へ戻る

羽釜おむすび白々(ぱくぱく) 寺町御池 オープン間近です!


こんにちは。河野です。

今回はオープン間近のおむすび屋、「羽釜おむすび白々(ぱくぱく) 寺町御池」の雰囲気をCGでご紹介いたします。



御池通から寺町を下るとすぐにあります白々は、大きなのれんが目を引くテイクアウト専門のおむすび屋さんです。

のれんの金色の丸は俵を表現しており、「3」の数字が持つ意味には、「成功、繁栄、誕生、幸運、完成」などがあり、縁起のいい数字なのです。

 


3.png

店内は「3」つの羽釜でお米を炊いており、訪れたお客様のにぎりたてのおむすびをご提供いたします。

人の手で丹精込めて握ったおむすびを白々(ぱくぱく)と頬張ると、思わず笑みがこぼれることでしょう。


 

羽釜おむすび白々 寺町御池は4月29日(金・祝)グランドオープンです。

ぜひご立ち寄りください。



http://omusubi8989.com/ 
https://www.instagram.com/omusubi8989_/ 



京都・建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog
KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19


カテゴリ:

< 進行中の物件 / 某賃貸マンション計画。現在、基本設計中です。  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

進行中の物件 / 某賃貸マンション計画。現在、基本設計中です。

アトリエスイッチとコラボで賃貸マンションの基本設計中!!公園で暮らす!をコンセプトに、アフターコロナ時代に快適に暮らせるようチューンナップしています。

ISH002.jpg

ISH003.jpg
 

 

#付加価値の創造 #マンション設計 #カクオアーキテクトデザイン
#アフターコロナ時代の住宅 #暮らしが変わる #より本質的に




 

京都・建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog
KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

羽釜おむすび白々(ぱくぱく)寺町御池プロジェクト!!

弊社、代表松村がクリエイティブ・ディレクターをつとめます、カクオ・アンド・ワークスのお仕事!!グラフィックデザイナーの大衡秋逸郎氏と開発中です。にぎりたての塩むすびにオリジナルのおともを添えて、日替わりのお汁と共にお召し上がり頂くテイクアウト専門、和食ファストフード店です。現在、4月末オープンに向けで打ち合わせ真っ只中、いよいよ着工します。お楽しみに!!

オープンまでの開発の様子は、インスタグラム  omusubi8989_にて、公開中!!
皆さま、フォローお願いします!!

20220322_02.jpeg



#コンサルタント
#プロデュース
#企業ブランディング
#カクオアンドワークス



京都・建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog
KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

京菓匠 笹屋伊織 新宿御苑店舗 完成!!

京菓匠 笹屋伊織さんのセカンドブランド(カジュアル系)「SASAYAIORI +」と「国民公園協会」コラボ新店舗が東京・新宿御苑 中央休憩所に2022年3月19日(土)オープンします。

3月14日に無事、内装工事完了です!!お花見と共に、新開発のスイーツ「福来(ふくら)どら焼き」が、とても可愛いくてオススメです!!

shinjyuku_02.jpeg

sinnjyuku_03.jpeg


shinjyuku_04.jpeg

shinjyuku_05.jpeg

 

#笹屋伊織 #国民公園協会 #新宿御苑 #中央休憩所 #カクオアーキテクトデザイン



 

京都・建築家、建築設計事務所
一建築士事務所
(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog
KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19

 

建築設計の下準備

20211216.jpg


設計、デザインをする際、様々な規定や制限を頭に入れて計画をしていきます。
お施主様のご要望をお聞きするのと同時に、計画敷地を法規的に知るところから建築は始まります。
特に京都は、高さや、外装の色や材料まで決まっている土地も少なくありません。
お客様のご要望がその土地でどこまで実現させられるか、デザインの面、法規の面、両方がクリアできる形を提案します。
建築面積、延床面積、高さの制限、防火地域(耐火性のある建材を使わないといけなかったり)、景観・風致(壁の色や屋根材が決まっていたり)、屋外広告物、道路の制限、隣地の制限、地盤の予想、、等々。
実は下準備と言いながら考えなければならないことが結構あります。

今では、どこにいてもインターネット環境さえあれば、用途地域や高度地区などの都市計画は調べられるようになってきました。
これが昔は、計画敷地のある市町村の役所まで行かなければ調べられなかったんです。便利になりました。
もちろん、役所に行かなければ分からないこともまだまだあります。
道路の細かい寸法や規定、用途地域が2以上またがっているときの境界線など。。
計画前に役所を数往復はしますね。

そんな、裏に隠れてしまいがちですが、とても大切な作業を経て建築は始まっていきます。

クリスマスが今年もやってくる ♪

今年ももう残り1ヶ月。
今年の出来事を思い返したり、来年の自分をイメージしてみたり。
節目というものは、私が何かを頑張りたい!と思った時に、
少し背中を押してくてる存在です。
さて、来年楽しい時間を過ごすため、準備準備。

このページのトップへ