HOME > オフィスブログ > アーカイブ > 2021年12月

オフィスブログ 2021年12月

建築設計の下準備

20211216.jpg


設計、デザインをする際、様々な規定や制限を頭に入れて計画をしていきます。
お施主様のご要望をお聞きするのと同時に、計画敷地を法規的に知るところから建築は始まります。
特に京都は、高さや、外装の色や材料まで決まっている土地も少なくありません。
お客様のご要望がその土地でどこまで実現させられるか、デザインの面、法規の面、両方がクリアできる形を提案します。
建築面積、延床面積、高さの制限、防火地域(耐火性のある建材を使わないといけなかったり)、景観・風致(壁の色や屋根材が決まっていたり)、屋外広告物、道路の制限、隣地の制限、地盤の予想、、等々。
実は下準備と言いながら考えなければならないことが結構あります。

今では、どこにいてもインターネット環境さえあれば、用途地域や高度地区などの都市計画は調べられるようになってきました。
これが昔は、計画敷地のある市町村の役所まで行かなければ調べられなかったんです。便利になりました。
もちろん、役所に行かなければ分からないこともまだまだあります。
道路の細かい寸法や規定、用途地域が2以上またがっているときの境界線など。。
計画前に役所を数往復はしますね。

そんな、裏に隠れてしまいがちですが、とても大切な作業を経て建築は始まっていきます。

クリスマスが今年もやってくる ♪

今年ももう残り1ヶ月。
今年の出来事を思い返したり、来年の自分をイメージしてみたり。
節目というものは、私が何かを頑張りたい!と思った時に、
少し背中を押してくてる存在です。
さて、来年楽しい時間を過ごすため、準備準備。

1

« 2021年11月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ