カテゴリ

HOME > オフィスブログ > アーカイブ > 2024年2月

オフィスブログ 2024年2月

村上隆さんの魅力満載『もののけ京都』展を巡る旅

こんにちは!エイジです。今回は京セラ美術館にて開催されているもののけ京都展に行ってきた話です。

村上隆さんのカラフルな世界に飛び込む

展覧会の入り口をくぐると、まず迎えてくれるのは、
村上隆さんの代表作であるカラフルな花の大作。
この作品の明るさとエネルギーに圧倒されます。

202422102.jpg京都の伝統との融合

会場を進むと、西陣織や金工細工など、京都の伝統工芸を取り入れたアートが登場。
村上隆さんの現代的な感覚と京都の伝統が見事に融合していることに感動します。

202422103.jpg新作も注目!京都の自然と歴史を感じる

展覧会のハイライトの一つが、京都の自然や歴史にインスピレーションを受けた新作。
これらの作品からは、京都ならではの風情が感じられます。

202422105.jpgまとめ:『もののけ京都』展、必見の理由

『もののけ京都』展は、村上隆さんのカラフルでポップなアートと、
京都の伝統的な美しさが融合したユニークな展覧会です。
アートファンはもちろん、京都の文化に触れたい方にもおすすめの展覧会です。
ぜひ足を運んで、この特別な体験をしてみてください!
伝統と現代の融合、地域性の表現など、多くの示唆を受けることができました。

詳しくは京セラ美術館のホームページにてご確認ください。→https://takashimurakami-kyoto.exhibit.jp/
202422104.jpg


福男が皆さんに福をお届けします!

こんにちは。エイジです!本日は毎年恒例の松尾大社の節分祭に行ってきた話です。
はじめに:

京都は古き良き伝統を守り続ける街として知られていますが、
その中でも松尾大社の節分祭は特に注目される行事の一つです。
この節分祭では、豊穣、幸福、厄除けを願って、福男・福女による福豆撒きが行われます。
毎年、代表の松村は参加させていただいているので観に行ってきました!
021504.jpg

節分祭の意義:

松尾大社の節分祭は、疫病や悪霊を払い、新たな年の幸福を願う重要な行事です。
節分とは「季節を分ける」という意味を持ち、
立春の前日にあたる2月3日に行われ、新しい季節の到来を祝います。

021502.jpg節分祭のメイン: 福豆撒き

なんといっても節分祭のメインは松尾大社の境内で行われる『福豆撒き』です。
福男・福女に選ばれた代表者が、参拝者に向けて豆をまくことで、
厄除けと幸福の願いを伝えます。
この豆まきには、悪魔を追い払い、福を呼び込むという意味が込められています。

周りの人たちはその豆をキャッチしようと大はしゃぎ!
この瞬間は、みんなが笑顔になり、とても楽しい雰囲気に包まれます。

021506.jpg

福男・福女としての体験:

福男・福女に選ばれることは、大変名誉なことであり、
多くの参拝者に福を分け与える重要な機会を
頂きました。
豆をまく瞬間は、一年の幸運を願う強い思いと、
祭りの伝統を今に伝える喜びに満ちていました。

021505.jpg節分祭の終わりと共に:

僕にとって初めての松尾大社の節分祭でしたが、
古い伝統を守りながらも、
福男・福女として豆を撒く経験を通じて、
来年もまた、多くの人がこの節分祭に参加し、
幸せと健康を願うことを心から願っています。

Instagramにて動画も公開しておりますのでそちらもぜひご覧ください!
https://www.instagram.com/reel/C3UzPTor3-d/


BIOTOP Osakaで見つけた、暮らしに溶け込む自然の魅力

240201 03.JPG

豊かな緑に囲まれた空間で、心地よいひと時を

こんにちは。エイジです。
本日は先日大阪に訪れた際に立ち寄った、
SUPPOSE DESIGN OFFICEさん設計の
BIOTOP Osakaのお話です。


「BIOTOP=人間も含んだ生き物本来の生態系が保たれた空間」

というコンセプト通りのガラス張りの壁越しに見える緑豊かな庭園は、
都市生活に疲れた心を癒やしてくれる
空間となっていました。
店内に一歩足を踏み入れると、
木々のさざめきと心地よい風が迎えてくれます。
ここでは、コーヒーを一杯手に、
自然との調和を感じながら過ごす時間が贈られます。


240201 09.JPG

デザインと自然が融合した空間設計

BIOTOP大阪の特徴は、その空間設計にあります。
店内は、モダンと自然が見事に融合した空間で、どこを見ても緑が目に飛び込んできます。
家具もシンプルで洗練されたデザインが選ばれており、
都市のカフェとは思えないほどのリラックス感を提供しています。

外の緑と室内がシームレスに繋がるデザイン。

庭園には、様々な種類の植物が植えられており、都市の中心にいながらも、
まるで森の中にいるかのような気分にさせてくれます。
緑が豊かなここでは、都市の中にいながらも、
まるで森の中にいるかのような錯覚に陥ります。
これは、ただのカフェではなく、
生活空間としても活用できるデザインの良さが
発見できます!

240201 07.JPG

住宅設計への応用 - 自然を取り入れた暮らし

このカフェの設計は、
住宅設計においても大いに参考になります。
窓を大きく取り、
自然光をたっぷりと取り入れることで、
室内はより開放的に。
また、室内に植物を配置することで、
空気の浄化はもちろん、
心の安らぎももたらされます。
これらの要素は、
現代の住宅設計において重要なポイントと言えるでしょう!

緑を活かした持続可能な暮らしのヒント

BIOTOP大阪は、
単に素敵なカフェであるだけでなく、
都市の中で自然と共生することの大切さを
ここで改めて感じ取ることができました。
日常生活に自然を取り入れることの価値を、
この場所で体験できますので大阪に訪れた際は
ぜひ一度立ち寄って見てください!
 

#企業施設設計 #店舗設計#サウナ設計#宿泊施設設計 #住宅設計#医院設計

#モダンデザイン #アイデアと着眼点#設計事務所 #建築家 #京都#東京 

#大阪#こだわりの建築家集団#愛され建築

 

 

京都・建築家、建築設計事務所

一建築士事務所(株) カクオ・アーキテクト・オフィス  Blog

KAKUO Architect Office

京都市下京区高辻通り西洞院西入ル 永養寺町237-19


1

« 2024年1月 | メインページ | アーカイブ | 2024年3月 »

このページのトップへ