HOME > スタッフブログ > 5ページ目

スタッフブログ 5ページ目

「城東区の家」竣工写真撮影

大阪「城東区の家」、竣工写真の撮影を行いました。
造園デザイナー、インテリアコーディネーター、プロのカメラマンが入り、
空間の良さを存分に引き出してくださいました。
天候にも恵まれ、気持ちの良い光が入ってきましたので、
良い写真が撮れていると思います。楽しみです。

カメラを覗くといろいろなシーンが見えてきます。
このカットも!このカットも!とどんどん撮りたいシーンがわいてきます。
このワクワク感を今後の設計にも繋げていきたいと思います。

設計段階でデザイン検討用に作成したCGカットと写真を比べてみました。
CGではなかなか素材のもつ空気感を出すのは難しいですね。頑張ります!!

oji


01-1.jpg
01.JPG

02-2.jpg
02.JPG

03-1.jpg
03.JPG



京都の建築家、建築設計事務所 カクオ・アーキテクト・オフィス スタッフBlog





京焼・清水焼工房見学

うつわ    うつわ
「器」から「空間」へ
〜進化の兆し 京焼・清水焼の新潮流〜

陶芸作家×建築デザイナーによる
建築意匠デザインの商品開発

と題し、以前から清水焼の先生たちとコラボレーションをやっております。
本日、一度原点に帰ろうということで改めて工房を見学させて頂きました。

僕自身工房にお邪魔させてもらうのが初めてで、実際に作業しているところや
窯を見せて頂き、当たり前ですがあの繊細な器が手作業で出来ているのを
思いしらされました。

建築も食器も人や料理を入れる同じ器。それを作りあげるまでには色々な
苦労や思いがこもっております。だからこそ良いものが出来る。

このコラボレーションでまた面白いものが出来るようアイディアふりしぼって
いきたいと思います!!

oji


DSC_0317.JPGDSC_0328.JPGDSC_0355.JPG


6月23日(火)MBSの番組「ごぶごぶ」で紹介、、、。

6月23日(火)よる11時53分〜のダウンタウンの浜ちゃんとロンブー淳さんの番組「ごぶごぶ」で、以前設計させて頂いた芦屋六麓荘の住宅が紹介されました。

shiya01.jpg

ashiya03.jpg

asyiya04.jpg


You Tube
ごぶごぶ 2015年6月23日【六麓荘町の大豪邸に潜入!】

紹介2件目の住宅です。





京都の建築家、建築設計事務所 カクオ・アーキテクト・オフィス  スタッフBlog




CGと写真を比較してみました

Koei009.JPG

作品集にてご紹介させて頂いている株式会社 コーエイ様の竣工写真と、設計段階で作成したCGイメージを比較してみました。

図面だけでは実際の建物のイメージをお伝えするのはとても難しいので、弊社では3D CADを利用してCGイメージを作成して
設計を進めています。プレゼンテーションはもちろん、工事の最中でも作成してお施主様や建設会社様とイメージを共有します。
手間はかかりますが、「想像していたのと違う」ことが少なくなり、よりお施主様に満足して頂けるものができると考えています。

このCGも、外壁に使用しているALCパネルのリブや社名のサインなど、細かいところまでつくりこみました。
少しアングルがずれていますが、似たような写真があったので並べてみました。
よりリアルに作れるよう、精進したいと思います。

ono

CGと写真を比較してみましたの続きを読む

下鴨の家、工事進行中!

紹介するのが随分ご無沙汰になってしまいました。

ここで何回がご紹介させて頂いていましたRC造の住宅、コンクリートの打設を無事完了し、
現在外装、内装工事を進めております!

IMG_8479.jpg

お施主様のご要望の中に「屋上から京都の景色を楽しみたい」というものがありましたが、
画像の通り、とても良い景色が眺められます。うらやましい!

いよいよ工事も大詰めです、完成をお楽しみに。


ono

木造住宅現場進行中

大きな中庭のある住宅の現場絶賛進行中です!
窓も入り、内部の壁も下地が設置され内部の部屋のボリューム感がより現実味が出てきました。
建物は人間に非常に似ています。中身(臓器)が悪ければ色々な問題(病気)が出てきます。
だからこそ現段階は中身の見える大事なタイミングなので要チェックです!
そしてこの複雑な内部をつくりあげる職人さん!すごい!


oji


DSC_0286.jpgDSC_0221.jpg

センチュリー21ライフ住宅販売竣工写真撮影

_DSC0181.JPG

_DSC0319.JPG

_DSC0300.JPG

大宮高辻で建築しておりましたセンチュリー21ライフ住宅販売様の竣工写真撮影!
プロのカメラマンに入って頂いて、素晴らしい写真を撮って頂きました!

実は竣工写真の夜景は車の通りが少ない、早朝に行われます。
どんどん光が出てくるので時間との勝負です!
建築にとって重要になってくる、光。天候は絶えず変わりますのでカメラマンは
一瞬の判断力が必要になってくるんだな〜と実感いたします。

注:ここにのせる写真は個人的趣味でカメラをやっている僕の写真です。
  プロの方のではないのでご了承下さい。

oji

型枠組み立ての様子

IMG_7509.JPG先日ここで配筋検査の様子をお伝えしていた物件が型枠を組み立てていましたので様子を見てきました。

型枠とはその名の通り、コンクリートを流し込むための型です。
今回は一部コンクリート打ち放し面がありますので、型枠の並びやセパ穴と呼ばれる型枠の固定するための
金具の跡の位置までチェックしています。少しマニアックな話ですが、そのまま意匠となるので大事なポイントです。

だいぶ建物のボリューム感がでてきました。打設までもう少し!

ono

配筋検査の様子

IMG_7429.JPG本日はRC(鉄筋コンクリート)造の住宅の現場で配筋検査を行って来ました。

RC造という名称はReinforced-Concrete(補強されたコンクリート)の頭文字を取っています。
コンクリートは高い圧縮強度を持つ一方で、引張りに対する強さや粘り強さがないので、
それを鉄筋によって補う、というのがRC造の考え方です。

建物ができてしまえば見えなくなってしまう部分ですので、コンクリートを打設する前に
構造設計の方・現場監督さん・私ども意匠設計の三者で細かくチェックしていきます。
いつも細かいチェックに対応して下さっている職人さんに感謝です。

この後、型枠を組めばいよいよコンクリートの打設です。楽しみです。


ono

現場での打ち合わせ

IMG_7280.JPG昨日は現在工事が進んでいる鉄骨造の現場で、現場監督さんと打ち合わせを行いました。


柱・梁の建方からデッキプレート(床のコンクリートを打設するための板)の設置まで一週間、あっという間でした。
ここまでくると建物の屋上まで登ることもできます。とてもいい景色です。

CGや図面で構想していた建築が現実に建っているのを見ると、とてもテンションがあがります。笑
これから床の打設から外壁の建込みなどが行われると、どんどん建築らしくなってくるので楽しみながら頑張ります。

ono

<<前のページへ123456

アーカイブ

このページのトップへ